ウェットフィルム膜厚計

 

塗装現場で乾燥していない塗膜の厚さを測定する膜厚計には、くし形とロータリー式の2種類あります。くし形ウェットフィルム膜厚計は、濡れたくしの歯で膜厚を判定します。一方、ロータリー式ウェットフィルム膜厚計は、ホイール(外側の2つ)を塗膜上で回転させることによって膜厚を測定します。

 

Elcometerでは、さまざまな下地に塗られたウェットフィルムをすばやく正確に測定できる膜厚計を各種取り揃えています。

 

 

ビデオをご覧になるには、下の画像をクリックしてください。