製品説明
仕様
アクセサリー
データシート

Elcometer 6910/2 セタフラッシュ「シリーズ3」開放式引火点試験機

迅速かつ正確に引火点を測定できるお手頃な価格の試験機です。

密閉式試験機で「可燃性」と判定された物質でも、燃焼試験によって「非可燃性」と分類し直せることがあります。このような場合は、包装、保管、輸送にかかる費用を大幅に削減できることになります。

 

Elcometer 6910セタフラッシュ開放式試験機は、可燃性/非可燃性の判定と燃焼継続性の試験に使用でき、校正も簡単に行えます。音とディスプレイ表示による警告機能を搭載しています。測定範囲は室温~300°C(572°F)で、引火点の測定にかかる時間は2分以下です。

 

カップには、試験炎の手動操作用アームが取り付けられ、ガスはバルブで調節して内蔵タンクから供給します。試料の上で試験炎を通過させ、引火するか、継続して燃焼するかを観察します。

 

  • 引火点を2分以内に測定可能
  • 少量の試料:2ml(0.067オンス)
  • 引火時にブザーとディスプレイ表示で警告
  • 現場で測定可能
  • 簡単な校正

 

Elcometer 6910/2 セタフラッシュ「シリーズ3」開放式引火点試験機
Elcometer 6910/2 セタフラッシュ「シリーズ3」開放式引火点試験機

仕様

コード番号 説明 証明書
240V(英国) 220V(欧州) 110V(米国)    
K0UK6910M011 K0006910M011 K0US6910M011 Elcometer 6910/2 セタフラッシュシリーズ3開放式引火点試験機 ο
測定範囲 室温~300°C(室温~572°C)
試料の量 2ml(0.067オンス)
既定値 試験時間1分、測定範囲:室温~100℃(212°F)
試験時間2分、測定範囲:100℃~300℃(212°F~572°F)
温度測定 分解能0.5°C(1.0°F)、精度0.5°C(1.0°F)
カップの材質 黒色アルミニウム
本体寸法 260 x 280 x 260mm (10.2 x 11.0 x 10.2インチ)
重量 5kg (11.0ポンド)
内用品 Elcometer 6910セタフラッシュ「シリーズ3」開放式引火点試験機、2ml(0.067オンス)の注射器、ガスバルブとキャップ、105mmのシリコンチューブ、試験炎の高さ測定装置、電源ケーブル、検査証明書、製品保証登録申込書と取扱説明書


適合規格

ASTM D1655, ASTM D3278, ASTM D3828, ASTM E502, BS 2000-523, CLP Regulations EC No 1272/2008, DEF STAN 91-91, EPA 1020 A & B, ISO 3679,

ISO 3680, UN Class 3 Non-viscous Flammable Liquids

灰色の規格は他に取って代わられましたが、若干の産業ではまだ認められています

校正証明書(オプション)

アクセサリー

KT006910N001

5°C(41°F)~室温での測定用冷却モジュール

KT006910N009

校正用標準液(50ml、1.7オンス)