製品説明
仕様
アクセサリー
データシート

Elcometer 6910 セタフラッシュ「シリーズ8」冷却装置付き密閉式引火点試験機

セタフラッシュ「シリーズ8」冷却装置付き密閉式引火点試験機には、セタフラッシュ「シリーズ8」密閉式引火点試験機と同じ機能が備わっていますが、外付けの冷却装置なしで-20~130°C(-4~266°F)の範囲で引火点を測定できるように設計されています。本体を適切な給水装置に接続すると、測定範囲が-20°C(- 4°F)までに下がります。試料炎の点火源は電気式です。

試料カップはペルティエ素子を使って加熱・冷却されるので、温度を正確に制御できるだけでなく、試験終了後に短時間で温度を下げることができます。

 

  • 少量の試料:2ml(0.067オンス)または4ml(0.135オンス)
  • 引火の有無の判定モードとランプモード
  • 点火源に電熱線を使用
  • 自動のぞかせと自動引火検知
  • ペルティエ素子を使用した冷却装置
  • 試験結果を64件保存可能な内蔵メモリとRS232ポート

 

Elcometer 6910 セタフラッシュ「シリーズ8」冷却装置付き密閉式引火点試験機
Elcometer 6910 セタフラッシュ「シリーズ8」冷却装置付き密閉式引火点試験機

仕様

コード番号 説明 証明書
K6910M021 セタフラッシュ「シリーズ8」冷却装置付き密閉式引火点試験機
測定範囲 空冷時:10~130°C(50~266°F)
冷却水供給時:-20~130°C(-4~266°F)
試料の量 2ml(0.067オンス)または4ml(0.135オンス)(方法による)
試験モード 迅速平衡法およびランプ
迅速平衡法での試験時間 100°C(212°F)以下で1分      
100°C(212°F)以上で2分      
FAMEで1分、ユーザー定義で1~99分      
ランプモードでの試験時間 通常7分
冷却時間 80°Cから20°C(176°Fから68°F)に下げるのに4分
カップの材質 アルミニウム
本体寸法 300 x 340 x 380mm (11.8 x 13.4 x 15.0インチ)
重量 8kg (17.6ポンド)
内用品 Elcometer 6910セタフラッシュ「シリーズ8」密閉式引火点試験機、2ml(0.067オンス)の注射器、点火器、電源ケーブル、プログラム用プラグ、2mmの六角レンチ、2.5mmの六角レンチ、校正用標準液(50ml、1.7オンス)、校正証明書、製品保証登録申込書と取扱説明書

 

適合規格
ASTM D3278, ASTM D3828, ASTM D7236, ASTM E502, BS 2000-523, CLP Regulations EC No 1272/2008, EPA 1020 A & B,

ISO 3679, ISO 3680, UN Class 3 Non-viscous Flammable Liquids

灰色の規格は他に取って代わられましたが、若干の産業ではまだ認められています

校正証明書が標準で付属しています。

アクセサリー

KT006910N009

校正用標準液(50ml、1.7オンス)