ElcoMaster®を活用する

ElcoMaster®を上手に使って能率アップ

 

ElcoMaster®は、さまざまな使い方ができ、専門的な報告書を作成できる有効な方法です。以下に、日常的な使用方法のいくつかを紹介します。

 

1. 測定装置からPCのExcelにデータを転送


 

cloud 2

Bluetooth®またはUSB接続で、測定装置からPCのMicrosoft Excelにデータを直接転送します。

   
2. 測定装置からPCにデータを転送してElcoMaster®で管理


 

cloud 3

 

Bluetooth®かUSB接続で測定装置からPCにデータを転送し、ElcoMaster®を使ってデータを管理します。報告書の作成もボタンのクリックだけで行えます。

   
3. ElcoMaster®モバイルアプリを使って検査現場からオフィスにデータを送信


 

cloud 4

 

まず、測定現場でBluetooth®経由で携帯電話かタブレットにデータを転送して分析し、PDFの報告書を作成¹します。次に、報告書を電子メールでオフィスに送信し、承認と品質管理用に保存します。

   

4. クラウドにデータをアップロードし、別の場所からリアルタイムでアクセス

 

cloud 5

ElcoMaster®モバイルアプリを使って、3Gか4G回線、またはWiFi接続で、検査データや写真、コメント、GPSの位置情報をクラウドアカウントに直接アップロードします。

 

アップロードしたデータは、正しいアクセス権を持っているユーザーが、コンピュータやモバイルデバイスから、クラウドアカウントにログオンして見ることができます。

 

 

5. 複数の検査現場のデータを管理

 

cloud 6

 

ElcoMaster®を使うと、複数の検査現場で収集されたデータをリアルタイムで見ることができます。

 

それぞれの検査現場のデータの比較や、プロジェクト特有の検査報告書の作成も簡単です。


 

 

 

6. 複数の現場の共同作業とリアルタイム管理


 

 

cloud 7

複数の現場の共同作業とリアルタイム管理

 

何箇所かの下請け工場で部品を組み立ててから、本社工場で最終製品を仕上げている場合は、ElcoMaster®を使って、各工場の検査データとプロジェクトを1箇所で共有できるようにします。このようにすると、次のことを行えます。

  • 下請け工場から部品を出荷する前に承認または却下する。
  •  

    すべての下請け工場の検査データと本社工場の検査データを組み合わせて、プロジェクトの進行中と完了後に品質管理用のプロジェクト検査報告書を作成する。

  •  

    プロジェクト全体の進行状況をリアルタイムで確認する(下請け工場がどこに位置していても関係ありません)。

  •  

    工場間の連絡を密にし、互いに協力することにより、生産効率と品質を高める。

円滑なコミュニケーション

 

ElcoMaster®モバイルアプリには、インスタントメッセージ機能が備わっています。検査中に上司や下請け業者、取引先と連絡を取り合ったり、検査データやプロジェクトファイル、作業手順書などを送付するときにコメントを加えたりするのに便利です。

 

サービスプロバイダーの選択と安全性

 

ElcoMaster®で使用するクラウドサービスプロバイダーを設定することができます。クラウドサービスへのアクセス権を持っているユーザーしかデータにアクセスできません。

 

ElcoMaster®モバイルアプリは、次のプロバイダーおよびFTPサーバーと共に使用できます。

 

drive badge large ftp-server dropbox-logo-black

 

1 iOSデバイスのみ