Elcometer 456ウルトラㆍスキャンプローブ

Scan Mode

スキャンモード


 
スキャンモード*を選択すると、スキャンプローブで試験面をなぞるようにして測定することができます。試験面からプローブを離したときに、読み取った最大膜厚と最小膜厚、平均膜厚が画面に表示されます。これらの値の時間の経過に伴う変化をグラフで表示したり、メモリに保存することもできます。

 

試験面をスキャンするに従って、実際の読み取り値と共に、定格値およびユーザーが指定した制限値と読み取り値との差が棒グラフで示されます。

 

 

  456 scan mode Scan Mode 2 Scan Mode 3
 

スキャンモード*では、読み取った最大膜厚と最小膜厚、平均膜厚がメモリに保存されます。

スキャン中に読み取り値と棒グラフが表示されます。

最大膜厚と最小膜厚、平均膜厚の時間に伴う変化がグラフで表示されます。

       
Auto Repeat

自動測定モード


 
スキャンプローブを自動測定モードで使用すると、約0.5秒に1回の割合で膜厚が測定され、 読み取り値がメモリに保存されます。

 

1分間に140回以上という高速で読み取られるので、広い面の測定に最適です。

       
  Auto Repeat 1 Auto Repeat 2 Auto Repeat 3
 

自動読み取りモード*では、1分間に140回以上読み取られてメモリに保存されます

値が読み取られるたびに、画面に表示される統計情報が更新されます。

読み取り値の時間に伴う変化がわかりやすいグラフで表示されます。

 

 

 

 

Ultra Scan Probe

スキャンプローブには、耐久性に優れた交換可能なキャップが付いています。

 

スキャンプローブ


 
先端にキャップの付いた、斬新なデザインのプローブです。耐久性の高いキャップは簡単に着脱できます。個々の膜厚値の読み取りにも広い面のスキャンにも適しています。 

 

 

このプローブをElcometer 456と共にスキャンモードまたは自動測定モード*で使用すると、試験時間を大幅に短縮することができます。

 

 

ゼロ点移動機能(特許取得済み)+を使用できるので、キャップの摩耗量#を校正時に考慮できます。キャップの交換が必要になると、画面にメッセージが表示されます。

 

 

 

 

 

Counted Average

Elcometer 456用プローブ装着時に、一定数の平均モードとバッチサイズの固定機能を使用できます。

一定数の平均モード
 


Elcometer 456のモデルSとモデルTには、一定数の平均モードが搭載されています。これは、あらかじめ指定した回数だけ読み取ったら、その平均値を求めてメモリに保存するモードです。


 
バッチサイズの固定


 
Elcometer 456モデルTに備わっている機能です。1バッチに保存できる読み取り値の最大数を指定できます。この最大数に達したら、続きの新しいバッチ(バッチ名-1、バッチ名-2、以下同様)が自動的に作成されます。
 


 
乾燥膜厚測定用プローブの製品シリーズについては、ここをクリックしてください 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

適合規格と試験法

国際規格と試験法では、通常、1回の試験で必要な読み取り回数と、一定の面積あたり必要な測定箇所の数が決められています。
 
例えば、SSPC PA2試験法は、1回の試験で3回以上読み取り、10m2(約100平方フィート)あたり5箇所測定しなければならないと定めています。

Elcometer 456のモデルSとモデルTでこの条件を満たすには、平均する読み取り値の数を3、固定バッチサイズを5に設定します。バッチごとに、測定する領域を決めておきます。

Elcometer 456モデルTにスキャンプローブを装着し、自動測定モードを選択した場合は、SSPC PA2試験法(またはよく似た試験法)に従った試験を通常より40%速く完了できます。

 scan-probe-template-large

scan-probe-template-large 

scan-probe-template-large 

 

* スキャンモードと自動測定モードを使用するには、Elcometer 456モデルTとスキャンプローブが必要です。 

+ 特許番号US6243661
# キャップが摩耗するまで滑らかな面を50km(約30マイル)スキャンできます。