製品説明
仕様
アクセサリー
取扱説明書
データシート

Elcometer 139スワブ式アミンブラッシュ検査キット

アミン硬化型エポキシ樹脂を重ね塗りし、低い温度または高い湿度の環境で下地が硬化すると、表面にアミンブラッシュという膜ができることがあります。

このアミンブラッシュの上にさらに重ね塗りすると、塗膜がうまく付着しません。

Elcometer 139アミンブラッシュ拭き取り検査キットは、塗膜表面を拭き取ってアミンブラッシュ(カルバメート)の存在をすばやく判定できる比色試験キットです。試料の溶液の色の変化を標準色と比較することで、アミンブラッシュの有無を目視で確認できます。

 

アミンブラッシュ拭き取り検査キットの使用方法


パートA(緑)
 
 test part a 1.     パートAのボトルの蓋(緑)と点滴キャップを取り除きます。


2.     緑の印が付いたスポイトで、パートAの希釈液(緑の蓋が付いた試験管)を1ml(スポイトに標線が付いています)吸い上げます。


3.     希釈液をパートAのボトルに注入します。


4.    ボトルの点滴キャップと蓋を閉め、30秒ほど振って混ぜます。


5.     溶液をそのまま少なくとも5分間静置します。

パートB(青)

 

 test part b 1 - 5

青い印の付いたボトルとスポイトを使って、上記の手順1~5に従って、溶液を準備します。

 

1. 拭き取り液に綿棒の先を浸します。

 

2. ボトルの内壁に綿棒の先をあてて回し、余分な液を除きます

 

3. 2.5 x 2.5cm(1 x 1インチ)の枠を試験面に当てて、綿棒で拭き取ります。

 

4. 綿棒を空中で2分ほど軽く揺らして乾燥させます。

 

5. 検査用試験管に綿棒を挿入して蓋を閉め、30秒間振ります。

 

6. パートAの溶液(緑の蓋)を3滴加えて30秒間振り、10~30°C(50~86°F) の室温で30分間静置します。このとき、直射日光が当たらないように注意してください。

 

7. パートBの溶液(青の蓋)を3適加えて30秒間振ります。

 

8. パートCの溶液(黄色の蓋)を2適加えて30秒間振ります。

 

9. 室温で30分間静置します。直射日光が当たらないように注意してください。

 

10. 使用した綿棒を適切な方法で廃棄します。

 

11. 10分以内に、試料液と標準液を目視で比較します。試料液の黄色が標準液より薄い場合は、試験面にアミンブラッシュが発生しています。

 test part b 6 - 11
Elcometer 139スワブ式アミンブラッシュ検査キット
Elcometer 139スワブ式アミンブラッシュ検査キット

仕様

コード番号

説明

E139----A

スワブ式アミンブラッシュ検査キット

寸法

172 x 110 x 100mm (6.75 x 4.25 x 4.00インチ)

重量

350g (12.3oz)

内用品

バッファ溶液1.0ml(0.035オンス)用ポリスチレン製サンプラ試験管20本、希釈剤(パートA溶剤)用試験管1本、希釈剤(パートB溶剤)用試験管1本、希釈剤用ホールピペット2本、パートA試験用ドロッパーボトル(凍結乾燥ACh-E粉末入り)3本、パートB試験用ドロッパーボトル(凍結乾燥ATC粉末入り)3本、パートC試験用ドロッパーボトル(DTNB発色剤入り)1本、スワブ溶液25ml(0.89液量オンス) - 消毒用アルコール(70% IPA)入り1本、スワブ(Q-tips製)20本、スワブテンプレート(2.54 x 2.54cm (1 x 1インチ))1本、ピンセット1本、チャック付きビニール袋(廃棄用)1枚、取扱説明書1部

アクセサリー

T13923546

試験管立て