製品説明
仕様
アクセサリー
取扱説明書
データシート
ビデオ

Elcometer 266直流高電圧放電式ピンホール探知器

直流高電圧電流を利用して、ポロシティ試験を安全かつ簡単に行える信頼性の高い探知器です。

Elcometer 266は、厚さ7.5mm(300mils)までの塗膜のポロシティ試験を行えるピンホール探知器です。輸送管や保護被膜を調べるのに適しています。検査対象の塗膜の厚さと準拠する規格に基づいて正しい探知電圧を設定する、電圧の自動計算機能が搭載されています。

Elcometer 266直流高電圧放電式ピンホール探知器の特長

 

  • 電圧の自動計算機能を使って、膜厚に合った探知電圧を自動的に設定できます
  • 探知電圧を調節できます:
    • 0.5kVから1kVまでは50V刻み
    • 1kVから30kVまでは100V刻み
  • 手元の2重の安全スイッチにより、間違って給電されるのを防ぎます(灰色とオレンジ色のプローブハンドルのみ)
  • 内蔵電圧計とジープテスターによって、選択した電圧と探知電圧が等しいかチェックされます
  • 音と表示による警報機能付き。欠陥が検出されると、ハンドルの明るいLEDが点灯してブザーが鳴ります
  • 最大電圧は、5kV、15kV、30kV、30kV連続給電のいずれか。装着するハンドルによって決まります
  • さまざまなブラシプローブとスプリングがあります

 

Elcometer 266直流高電圧放電式ピンホール探知器の説明

 

High Voltage DC Testing
探知電圧の自動計算

検査対象の膜厚に応じて、適 切な電圧が自動的に設定され ます。 電圧の自動計算機能を内蔵してい ます。電圧の変換表を見る必要は ありません。適合規格と膜厚を入 力するだけで、適正な電圧が自動 的に設定されます。

 
Electrical Tester
探知電圧を調節可能

キーパッドで電圧を調整します。 ドライバーは必要ありません。 0.5kVから1kVまでは50V刻み、 1kVから30kVまでは100V刻みで設 定できます。 電流の感度は、手動であらかじめ 設定しておくか、塗膜の一部が導 電性の場合は、自動的に調整され るように設定できます。

 
Voltage Detector
電圧計とジープテスター内蔵

内蔵電圧計とジープテス ターによって、選択した電 圧が探知電圧に等しいか チェックされます。 校正済みのジープテスターと閉回 路によって、どのような環境条件 でも、探知電圧が正確に測定、制 御されます。

 
Electric Current Tester
取り替え可能なプローブハンドル

探知電圧が5kV、 15kV、30kV DCの 3モデルあります。

 
Porosity Testing
ランプとブザーで警報

塗り残しが見つかると、 ランプが点滅してブザー が鳴ります。 ハンドルにある明るいLEDは、探 知器の電源が入っているときは 赤、放電が検知されたときは青に 点灯するだけでなく、ブザーも鳴 ります。

 
Continuity Tester Accessory
充電池パック

充電池パックは本体に装着し たままでも、取り外しても充 電可能です。 充電時間は4時間です。一度充電す ると、40時間連続使用できます。

 
Holiday Tester Accessory
プローブ用アダプター

Elcometer 266に他社製アクセサリーを接続できるようにします。

 
DC Holiday Detector

画面

暗い場所でもはっきり見えるバッ クライト式大型画面。塗り残しが 見つかると、点滅します。

 
Electric Current Tester
両手用グリップ

2 本目のハンドル( 別途注文) は、両手で安全に操作できるよう に設計されています。パイプやタ ンクの床を検査するのに最適です。

 

Elcometer 266直流高電圧放電式ピンホール探知器の特長

 

  • 手元スイッチは2段階式です。 間違って電源が入るのを防ぎ ます。 2段階式のスイッチ。ハンドルに 触れていないと、自動的にオフに なります。
  • 特別なリブ付きハンドルで安全に操作 できます。両手で操作する場合は、ハ ンドルをもう1本別途ご注文ください。 ハンドルの大きなリブは、 EN61010規格を満たすように、特 別にデザインされています。安心 して試験を実施できます。
  • ハンドルに電圧が通電されてい るときは、本体のスピーカーか らカチカチという大きな音が聞 こえます。
  • 放電を感知するとブザーが鳴りま す。騒音の激しい場所でも聞こえ るように、音量を調節できます。
Elcometer 266直流高電圧放電式ピンホール探知器
Elcometer 266直流高電圧放電式ピンホール探知器Elcometer 266直流高電圧放電式ピンホール探知器Elcometer 266直流高電圧放電式ピンホール探知器

仕様

コード番号 説明 証明書
D266----4 Elcometer 2661 ο
高電圧出力の精度 ±5%、または1000V未満で±50V
使用温度 0~50°C(32~120°F)
電源

充電池パック、充電時間4時間

測定電流の精度

測定範囲の±5% 

出力電流:0~100µA(最大)

電池の寿命 - バックライトをオフ(オン)にした場合

DC5: 40 (20) 時間

DC15: 20 (15) 時間

DC30: 10 (8) 時間

収納ケース ABS樹脂製、防水加工済み、寸法:520 x 370 x 125mm(20.5 x 14.5 x 5インチ)
重量

探知器本体(充電池も含む):1.2kg(2.7ポンド)、

ハンドル:0.6kg(1.3ポンド)

内用品

Elcometer 266直流高電圧放電式ピンホール探知器、充電池パック、高電圧ハン ドル接続用ケーブル(らせん状)、

わに口クリップ付きアース線10m(32フィ ート)、英国、欧州、米国、豪州仕様のプラグ付き充電器、放射形ブラシ プロ ーブ、肩紐、硬質プラスチック製収納ケース、取扱説明書

 

 

適合規格:
ANSI/AWWA C213, AS 3894.1, ASTM C 536, ASTM C 537, ASTM D 4787, ASTM D 5162-B, ASTM G 62-B, BS1344-11, DIN 55670, EN 14430, ISO 2746, ISO 29601, JIS K 6766, NACE RP0274, NACE RP0188, NACE RP0190, NACE RP0490, NACE SP0188, NACE SP0490

灰色の規格は他に取って代わられましたが、若干の産業ではまだ認められています

 

 

1 Elcometer 266ピンホール探知器自体にプローブハンドルは付属していません。詳細をご覧になるには、「アクセサリー」タブをクリックしてください。

ο 校正証明書(オプション)

アクセサリー

コード番号

説明

電圧範囲

証明書

T26620033-1

Elcometer 266用プローブハンドル*1

DC5 (0.5 ~ 5kV)

ο

T26620033-1C

Elcometer 266用プローブハンドル(証明書付き)*1

DC5 (0.5 ~ 5kV)

 

T26620033-2

Elcometer 266用プローブハンドル*1

DC15 (0.5 ~ 15kV)

ο

T26620033-2C

Elcometer 266用プローブハンドル(証明書付き)*1

DC15 (0.5 ~ 15kV)

 

T26620033-3

Elcometer 266用プローブハンドル*1

DC30 (0.5 ~ 30kV)

ο

T26620033-3C

Elcometer 266用プローブハンドル(証明書付き)*1

DC30 (0.5 ~ 30kV)

 

T26620033-4

Elcometer 266用プローブハンドル*1 (連続給電)

DC30S (0.5 ~ 30kV)

ο

T26620033-4C

Elcometer 266用プローブハンドル(証明書付き)*1  (連続給電)

DC30S (0.5 ~ 30kV)

 

T26620081

両手用グリップ

 

 

 

*Elcometer 266ピンホール探知器自体にプローブハンドルは付属していません。下の一覧からお選びください。

1 プローブハンドルには製造上の欠陥のみを対象とした1年間の保証が付いています。2年間保証への延長は、こちらでお申し込みください。

ο 校正証明書(オプション)

ビデオ

An Introduction to Pinholes and Holidays – Porosity Detection

Corrosion is caused by two things – a steel substrate and oxygen, while contaminants such as water can accelerate the process. The coating is there to protect the steel from oxygen and contaminants. A flaw in the coating can leave the substrate poorly protected, or in some cases completely exposed.


Click here to download the video script in English.

ビデオ

<P>An Introduction to Pinholes and Holidays – Porosity Detection</P>

An Introduction to Pinholes and Holidays – Porosity Detection

Corrosion is caused by two things – a steel substrate and oxygen, while contaminants such as water can accelerate the process. The coating is there to protect the steel from oxygen and contaminants. A flaw in the coating can leave the substrate poorly protected, or in some cases completely exposed.


Click here to download the video script in English.

https://www.youtube.com/embed/SwTjZOJDJ-s
How to set up an Elcometer Continuous DC High Voltage Holiday Detector
How to set up an Elcometer Continuous DC High Voltage Holiday Detector

The high voltage method comes in two versions – Continuous DC and Pulsed DC. In this video, we’ll be introducing you to the Continuous DC method, which is used to test non-conductive coatings up to 7.5mm (300mils) thick on conductive substrates.


Click here to download the video script in English.

https://www.youtube.com/embed/GFg0PYpbAvY
Testing Coating Porosity using an Elcometer Continuous DC High Voltage Holiday Detector
Testing Coating Porosity using an Elcometer Continuous DC High Voltage Holiday Detector

Setting the correct voltage is vital, as testing with a voltage that is too low could fail to break down the gap between the probe and substrate, missing flaws. While testing with a voltage that’s too high could break down and damage the coating, causing the unit to alarm when there are no flaws, while creating a flaw in the process. Testing with bright blue sparks is a clear sign the voltage is too high, and is probably damaging the coating.


Click here to download the video script in English.

https://www.youtube.com/embed/fQnfhsg_jTU
<P>Choosing the correct probe for your Elcometer High Voltage Holiday Detector </P>

Choosing the correct probe for your Elcometer High Voltage Holiday Detector

When it comes to testing the porosity of coatings using the high voltage or holiday detection method, regardless of whether you’re using a Continuous DC, or Pulsed DC detector, it’s important to choose the right probe for your application, so you can test thoroughly, efficiently, and ensure the most reliable results.


Click here to download the video script in English

https://www.youtube.com/embed/jWNaKgnkGLA