製品説明
仕様
アクセサリー
取扱説明書
データシート
ビデオ

Elcometer 506 プルオフ式付着性試験機

Elcometer 506は、軽量で持ち運びに便利な使いやすいプルオフ式付着性試験機です。アナログ式とデジタル式の2種類あり、塗装現場や実験室で最大50MPa(7250psi)までの塗膜の付着力を測定できます。

加圧ハンドルを回して試験面に均一に圧力がかかるように設計されています。測定範囲を通して良好な再現性が得られ、±1%という高い精度を持っています。

ドリーには直径14.2mm、20mm、50mmの3種類あり、どれも簡単に装着できます。各種アクセサリーも揃っているので、平面や曲面、厚さの異なるさまざまな下地(金属、木材、コンクリート、繊維素材など)の塗膜を試験できます。
 
試験機のヘッド部分(アクチュエータ)は小型で軽量、さらに人間工学を考慮してデザインされています。片手で操作でき、狭い場所や入り組んだ場所の試験にも最適です。
 
立面を試験するときの安全性も考慮されています。磁石式固定具でアクチュエータを立面に固定すれば、周囲への損傷を防ぐことができます。

 

Analogue Adhesion Tester

 

Adhesion Skirts Adhesion Actuator

過酷な環境にも耐えるゲージは、デジタ ルとアナログの2種類あります

アクチュエータの取付台。平面または曲面に取り付けられ、さま まな厚さの下 地の付着力を測定できます

アクチュエータは小型で、狭い場所でも 測定可能 立面の測定時に周囲を損傷し ないように、留め紐を繋げる輪が付いて います

 

強力

  •   金属、木材、コンクリートなど、さまざまな下地で測定可能
  •   軽量で頑丈、頻繁に実施する検査に最適
  •   最大50MPa(7250psi)までスムーズに加圧

 フレキシブル

  •   手持ち式の使いやすい設計
  •   実験室と現場での使用に最適
  •   再利用可能なドリーは直径14.2、20 、50mm (0.56、0.76、1.96インチ)の3種類
  •   平面と曲面、狭い面も測定可能

 正確

  •   測定範囲は50MPa(7250psi)まで、精度は測定範囲の±1%

 頑丈

  •   高い耐久性と耐衝撃性を備えた密閉式本体
  •   IP65準拠の防塵加工と防水加工
  •   過酷な環境での測定に最適

 

 

付着力の弱い下地での測定
 
コンクリートや木材、繊維素材などの付着力の弱い下地の塗料の付着性を測定する場合は、精度と再現性、繰り返し性を高くするために、接着面の大きなドリーを使う必要があります。
 
このような場合は、直径50mmの大型ドリーとElcometer 506付着性試験機をキットとしてお求めいただけます。既にElcometer 506付着性試験機を単品で購入されている場合は、直径50mmのドリー、円形カッター、取付台をアクセサリーとして別途ご注文ください。

 

付着性試験機の正しい使い方

ドリーの正しい装着例

 

Correct Adhesion Test

ドリーとアクチュエータ

 

塗膜

 

下地

ドリーの間違った装着例

 
Incorrect Adhesion Test

ドリーとアクチュエータ

 

塗膜

 

下地

 

試験面とドリーの準備

1. 試験機を設置できる十分な広さがある平らな表面を選びます。

2. 試験面とドリーの底面を研磨し、埃やごみが付いていないことを確認します。両方の表面がきれいでないと、正しく接着しない可能性があります。

3. ドリーの固着正しい接着剤を混合して、ドリーの底面に均一に塗ります。

4. 適合規格の試験法は、ドリーを試験面に対して垂直に引っ張るように定めています。そのため、ドリーは平らな面に固着させる必要があります(下の図を参照)。ドリーの底面と試験面が平行になるようにして、ドリーを一様に押し付けます。

5. ドリーの周囲にはみ出した接着剤を取り除き、接着剤が乾くのを待ちます。試験面が立面の場合は、接着剤が乾くまでドリーをテープで留めてください。

6. 必要に応じて、付属している円形カッターを使って、ドリーの周囲に沿って試験面を切り抜きます。

7. ドリーにアクチュエータを装着して、測定を開始します。

付着性試験の判定

プルオフ式の試験が有効であるためには、試験後のドリーの底面の50%以上に塗料が付着していなければなりません。接着破壊が起こり、ドリーの底面に塗料がまったく付いていない場合や50%に満たない場合は、試験は無効と見なされ、再試験が必要です。

塗料が塗布面で剥離せずに塗料層内でちぎれ、ドリーと試験面の両方に同じ塗料が残ることを「凝集破壊」といいます。

一方、2つの塗膜の間で剥離する(1つの塗料がドリーの底面に残り、別の塗料が下地に残る)か、下地の表面で塗料が剥離する(ドリーの底面に塗料がすべて付着し、下地に何も残らない)ことを「界面破壊」といいます。

: 仕様で決められている値以上で接着破壊が起こった場合は、その試験に関しては、塗膜の付着性が仕様を超えていると判断してかまいません。

Elcometer 506デジタル式付着性試験機キット、ドリーの直径
Elcometer 506アナログ式付着性試験機キット、ドリーの直径Elcometer 506ドリーElcometer 506ドリー

仕様

コード番号

説明

 

証明書

F506-20A

Elcometer 506アナログ式付着性試験機キット、ドリーの直径20mm

F506-20AC

Elcometer 506アナログ式付着性試験機キット、ドリーの直径20mm、証明書付き

ο

F506-20D

Elcometer 506デジタル式付着性試験機キット、ドリーの直径20mm

F506-20DC

Elcometer 506デジタル式付着性試験機キット、ドリーの直径20mm、証明書付き

ο

F506-50D

Elcometer 506デジタル式付着性試験機キット、ドリーの直径50mm

F506-50DC

Elcometer 506デジタル式付着性試験機キット、ドリーの直径50mm、証明書付き

ο

 

ドリーとアクセサリーの一覧をご覧になるには、上の[アクセサリー]タブをクリックしてください。

精度

測定範囲の±1%

加圧

26 MPa (3800 psi)

 

直径14.2mm(0.56インチ)のドリー

直径 20mm(0.76インチ)のドリー

直径 50mm(1.96インチ)のドリー

測定範囲

4~50MPa(600~7200psi)

2 ~ 25 MPa (300~3600 psi)

0.3 ~ 4 MPa (50~580 psi)

分解能

アナログ式:0.1MPa(10psi)
デジタル式:0.01MPa(1psi)

アナログ式: 0.1 MPa (10 psi)
デジタル式: 0.01 MPa (1 psi)

アナログ式: 0.05 MPa (5 psi)
デジタル式:0.1 MPa (1 psi)

試験機の長さ

290mm (11.5インチ)

290mm (11.5インチ)

290mm (11.5インチ)

アクチュエータの高さ

(取付台込み)

85mm (3.4インチ)

85mm (3.4インチ)

110mm (4.3インチ)

試験機の重量

1.8kg (4ポンド)

1.8kg (4ポンド)

2.0kg (4.4ポンド)

キットの重量

4kg (8.8ポンド)

4kg (8.8ポンド)

5.2kg (11.5ポンド)

電源

LR6(AA)アルカリ乾電池2本(デジタル式試験機のみ)、電池の寿命:2000時間

内用品 :

直径20mmのドリーを含むキット

Elcometer 506付着性試験機、直径20mmドリー10個、直径20mmドリー用標準取付台、直径20mmドリー用円形カッターとハンドル、アラルライドスタンダード(2液混合タイプのエポキシ接着剤、15ml入りチューブ2本)、研磨パッド、収納ケース、LR6(AA)乾電池2本(デジタル式試験機のみ)、検査証明書、取扱説明書

直径50mmのドリーを含むキット

Elcometer 506付着性試験機、直径50mmドリー6個、直径50mmドリー用標準取付台、直径50mmドリー用円形カッターとハンドル、アラルライドスタンダード(2液混合タイプのエポキシ接着剤、15ml入りチューブ2本)、研磨パッド、収納ケース、LR6(AA)乾電池2本(デジタル式試験機のみ)、検査証明書、取扱説明書

 

適合規格:

ASTM D4541, ASTM D7234, AS/NZS 1580.408.5, BS 1881-207,DIN 1048-2, EN 12636, EN 13144, EN 1542,EN 24624,ISO 16276-1, ISO 4624,
JIS K 5600-5-7, NF T30-606,
NF T30-062

 

検査証明書が標準で付属しています。

校正証明書が標準で付属しています

アクセサリー

ドリー ドリーの直径

10個入り*

100個入り

510 dollies

10mm (0.39”)

T5100010AL-10

T5100010AL-100

14.2mm (0.56”)

T9990014AL-10

T9990014AL-100

20mm (0.76”)

T9990020AL-10

T9990020AL-100

50mm (1.96”)

T9990050AL-4

-

50mm(1.96インチ)ステンレス製

T9990050SS-4

-

*直径50mm(2インチ)のドリーは4個入り 
       
ドリー取付台 直径 標準取付台 薄地用取付台
elcometer 506 actuator skirts    10mm (0.39”) T9991420S -
14.2mm (0.56”) T9991420S T9990014T
20mm (0.76”) T9991420S T9990020T
50mm (1.96”) T9990050S -

50mm(1.96インチ)ステンレス製

T9990050S

-

       
付着性試験機検定器(AVU)  説明   コード番号
 Elcometer-AVU  Elcometer付着性試験機検定器(AVU) T99923924
Elcometer付着性試験機検定器(AVU)、校正証明書付き T99923924C
       
円形カッター 説明

円形カッターハンドルまたはドリル軸足

円形カッター

dolly cutters

10mm (0.39”)

-

-

14.2mm (0.56”)

T9991420H

T9990014CT

20mm (0.76”)

T9991420H

T9990020CT

50mm (1.96”)

T9990050H

T9990050CT

50mm(1.96インチ)ステンレス製

T9990050H

T9990050CT

 

 

   
磁石式固定具

説明

  コード番号

510 clamp

磁石式固定具 - 壁面にアクチュエータを固定します。

T99923797

 

 

   
接着剤

説明

 

コード番号

elcometer 506 araldite adhesive

アラルライドスタンダード(2液混合タイプのエポキシ接着剤)、15ml入りチューブ2本

T99912906
 

 

 

 

ドリー洗浄用はさみ型ヒーター コード番号

説明

 

コード番号
 

ドリー洗浄用はさみ型ヒーター - 欧州仕様220V/英国仕様240V

T99923147
 

ドリー洗浄用はさみ型ヒーター - 米国仕様110V

T99923103

ビデオ

2. Selecting the Dolly Diameter and Gauge

When it comes to selecting the dolly diameter and adhesion gauge type to use for a pull-off adhesion test; factors such as the substrate material, the substrate shape, and the expected coating strength will affect the dolly or gauge the user chooses.

 

This video is part of a series on Pull-Off Adhesion Testing, to see the next video please click here.

To download the video script in English click here.

ビデオ

2. Selecting the Dolly Diameter and Gauge
2. Selecting the Dolly Diameter and Gauge

When it comes to selecting the dolly diameter and adhesion gauge type to use for a pull-off adhesion test; factors such as the substrate material, the substrate shape, and the expected coating strength will affect the dolly or gauge the user chooses.

 

This video is part of a series on Pull-Off Adhesion Testing, to see the next video please click here.

To download the video script in English click here.

//www.youtube.com/embed/NskjSM8n5UY
3. Selecting the most Appropriate Position for an Adhesion Test
3. Selecting the most Appropriate Position for an Adhesion Test

When preparing a pull-off adhesion test, whilst the actual location and the number of pulls is typically defined by the test method or procedure that’s being followed, the actual positioning of the dolly is vital, as poor positions can result in low pull-off values or invalid tests.


 

This video is part of a series on Pull-Off Adhesion Testing, to see the next video please click here. 

To download the video script in English click here.

 

//www.youtube.com/embed/7xmYIfozQaw
4. Preparing the Dolly and the Coating
4. Preparing the Dolly and the Coating

Properly preparing the dolly and the surface before performing a pull-off adhesion test will help achieve higher pull-off values.

 

This video is part of a series on Pull-Off Adhesion Testing, to see the next video please click here.

To download the video script in English click here.

 

//www.youtube.com/embed/-26j4aoiFe8
5. To Cut or Not to Cut?
5. To Cut or Not to Cut?

Should the coating around a dolly be cut, or left uncut prior to a pull-off adhesion test; and whose decision is it to make?

 

This video is part of a series on Pull-Off Adhesion Testing, to see the next video please click here.

To download the video script in English click here.

//www.youtube.com/embed/ZqSNwQSOPqA
6. The Pull-Off Test
6. The Pull-Off Test

Once the glue between a properly prepared dolly or pull stub and a properly prepared coating has fully cured, the pull-off adhesion test can be undertaken using the adhesion tester of choice.

 

This video is part of a series on Pull-Off Adhesion Testing, to see the next video please click here.

To download the video script in English click here.

 

//www.youtube.com/embed/4rjUgA2Lwos
7. Assessing the Result; Glue, Adhesive and Cohesive Failures
7. Assessing the Result; Glue, Adhesive and Cohesive Failures

Once the pull-off adhesion test has been completed the tensile pull-off force, whether the coating was coat or not, the dolly size and gauge type, and the failure mode of the coating are all recorded; with the nature of the failure usually recorded as an estimated percentage to the nearest 10%.

 

This video is part of a series on Pull-Off Adhension Testing, to view the playlist please click here.


To download the video script in English click here.

//www.youtube.com/embed/TuFY8_KI9lQ
1. An Introduction to Pull-Off Adhesion on Coated Surfaces
1. An Introduction to Pull-Off Adhesion on Coated Surfaces

Adhesion testers are used to test how well a coating has adhered to a surface, as poor adhesion can lead to premature coating failures. The coating inspector has essentially three main methods to choose from - cross hatch, push off, and the most common, the pull-off adhesion test.

 

This video is part of a series on Pull-Off Adhesion Testing, to see the next video please click here.

To download the video script in English click here.

//www.youtube.com/embed/rBTGaP-OXLM
<P> 8. Measuring the Pull-Off Adhesion of Coatings on Concrete</P>

 8. Measuring the Pull-Off Adhesion of Coatings on Concrete

Testing coating adhesion on concrete substrates using a pull-off adhesion gauge is similar to testing coatings on metal substrates. However, there are a number of differences in the test procedures and equipment used.


This video is part of a series on Pull-Off Adhension Testing, to view the series playlist please click here.


To download the video in script in English click here.

//www.youtube.com/embed/O0wMikGLi84