硬さの測定と引っかき試験

硬さの測定と引っかき試験

物質の硬さとは、物性変形に対する抵抗力とみなすことができます。塗料業界では、通常の消耗による引っかきに対する抵抗力、および塗膜が完全に硬化しているかどうかを判定するために硬さを測定します。

必要な条件に応じて、硬さを測定する方法にはいろいろあります。塗膜専用の方法もあれば、金属、プラスチック、ゴム、エラストマーなどのかさのある物質に適している方法もあります。

耐引っかき性: 次の機器で、塗膜の引っかきに対する抵抗力を判定できます。鉛筆引っかき試験機 (Wolff-Wilborn)、スクレロメーター、クレーメン式、引っかきとせん断試験機

圧入に対する抵抗力: さまざまな測定器が市販されています。特に、塗膜の硬さ測定では、次の3つの方法が一般的です。荷重を付けた圧子がどれほど深く塗膜に埋め込まれるかで、圧入に対する抵抗力を判定します。ブッフホルツ式、バーコル式、ショア式

詳細を読む...

製品