引火点

引火点

溶媒をベースにした液体(ペンキや上塗り剤、インク、香水など)を製剤するときは、各国の規制機関で定められている厳しい輸送規程に準拠するために、引火点を測定、明示することが不可欠です。引火点とは、「液体の蒸気が空気と可燃性の混合物を作ることのできる最低温度」のことです。さまざまな物質の「可燃性」を分類する便利で信頼できる目安でもあります。

多くの業界において、以下の目的で材料や製品、廃棄物の引火点 を測定する必要があります。

製品の品質管理 - 均一性の検査や特性の比較のため。

法規制への準拠 - 物質の取扱、保管、輸送、廃棄に関する規制に準拠するため。

使用中の製品の分析 - オイルなどの汚染や不純物の混和状態を検査するため。

安全性確保 - 危険な状況を招く可能性を判定するため。

仕様の確認 - 仕様の範囲内かどうかを検査するため。

詳細を読む...