表面の粗さ

表面の粗さ

表面の粗さ:表面の粗さ(凹凸の差)は、塗装の全体的な仕上がりと塗料の付着性、塗り面積、塗料の使用量に影響します。凹凸の差が大きすぎる場合は、塗料の量を多くしなければなりません。塗料が足りないと、凸部が覆われず、錆びるおそれがあります。凹凸の差が小さすぎる場合は、塗料の付着する要所が足りず、塗膜がすぐに割れたり剥がれたりする可能性があります。

詳細を読む...