ピンホール探知とポロシティ試験

ピンホール探知とポロシティ試験

素地に腐食が発生するのは、通常、塗膜の不良が原因です。これは、主に仕上がった塗膜に欠陥があるためです。

欠陥を総称して「ポロシティ」といいます。以下のように分類できます。

ながれとたるみ:重力によって塗料が流動し、局部的に乾燥した薄膜ができます。

はじき:下地から気泡が発生してできた空洞の上に塗料が流れず、空洞を覆いきれていません。

へこみ:下地が湿っていた場合や、流れにくい塗料の場合に、塗膜に空洞ができています。

ピンホール:塗膜内に閉じ込められていた空気が表面から放出された場合や、ほこりや砂などの粒子が動いたことにより、針で作ったような小さな孔があいています。

塗りすぎ:塗料が多すぎると、乾燥するときに塗料自体の重みで割れが発生します。

塗り不足:塗料が塗られていない部分があったり、下地や溶接部の端や隅から塗料が流れています。下地面が粗い場合に塗りが足りないと、下地の凸部の頂上が露出することがあります。

詳細を読む...