製品説明
仕様
アクセサリー
取扱説明書
データシート
ビデオ

Elcometer 510 自動プルオフ式付着性試験機

Elcometer 510自動プルオフ式付着性試験機は、塗料の下地との付着力を正確に測定できる装置です。

 

  • 自動油圧ポンプで圧力を徐々に上げていくので、再現性の高い安定した測定結果が得られます
  • プルオフ速度は、国内外の規格に合わせて、0.1~1.4MPa/秒(15~203psi/秒)の範囲で調節可能
  • 直径10、14.2、20、50mmのドリーを装着可能
  • プルオフする圧力を設定し、その圧力で一定時間保持することが可能
  • 測定範囲は以下の範囲で、精度はフルスケールの±1%
    • 直径10mmのドリー:100MPa(14400psi)
    • 直径14.2mmのドリー:50MPa(7200psi)
    • 直径20mmのドリー:25MPa(3600psi)
    • 直径50mmのドリー:4MPa(580psi)
  • IP64準拠の防塵加工と防水加工が施された頑丈な設計
  • 測定単位(MPa、psi、Nmm2、N)の切り替え
  • さまざまな厚さの平面と凸面の下地で試験できるように、標準取付台と薄地用取付台を各種ご用意しています(Elcometer 506でも使用可)。
  • 最高60,000点の読み取り値と圧力上昇グラフを破壊特性情報と共に2,500バッチ(英数字名付き)保存可能
  • USBとBluetooth®によるデータ出力 - iPhone、iPod、iPad、およびAndroidモバイルデバイス用ElcoMaster®モバイルアプリを使用

android--mfi-logo

 

特長

 

Adhesion Test

Adhesion Testing

Adhesion Strength

直径10、14.2、20、50mmのドリーに合わせて、プルオフ速度を選択できます。

読み取り値と共にトレンドグラフや統計値が表示されます。

測定ごとの圧力上昇グラフを読み取り値と共に保存できます。

     
Coating Adhesion Test Pull-Off Adhesion Automatic Adhesion Testing

読み取り値と圧力上昇グラフに測定日時、破壊特性情報を付けて、2,500バッチ(英数字のバッチ名付き)まで保存できます。

最大圧力、またはあらかじめ設定した制限値まで加圧するオプションがあります。一定の力で保持する時間を設定することもできます。

測定値と共に、国内外の規格に準拠した凝集破壊と付着破壊の特性データを保存できます。

Automatic Adhesion Tester

ElcoMaster Software

Adhesion for Mobile Devices

電源として充電池を使用することも、コンセント*に接続することもできます。1回の充電で試験を約200回行えます。充電時間は、ほぼ5時間です。

USB接続かBluetooth®でデータをPCに送信してElcoMaster® ソフトウェアで解析したり、リアルタイムで圧力上昇グラフを表示したりできます。

Bluetooth®でAndroid™モバイルデバイスやiPhoneǂにデータを送信。モバイルデバイスのGPS位置情報を試験報告書に追加して電子メールで送信することもできます。

 

 

 

Adhesion Dollies and Skirts

 

Adhesion Magnetic Anchor Clamp

Adhesion Kit

さまざまな厚さの平面と凸面の下地で試験できるように、直径10、14.2、20、50mmのドリー用の標準取付台と薄地用取付台を各種ご用意しています。

壁面や高い位置の塗面を試験するときは、磁石式固定具をアクチュエータにつなぐと便利です。

現場で持ち運びやすいように、頑丈な樹脂製ケースが付属しています。

 

* モデルTのみ

ǂ iPod、iPhone、iPadに対応

 

試験結果の判定 - 破壊・剥離特性

ISO 4624やASTM D4541など、多数の国内および国際規格で、試験時にかけた圧力だけでなく、ドリーの底面を調べて、塗膜の破壊・剥離特性を記録するように定められています。Elcometer 510のAdvancedモード(Menu→Setup→Gauge Mode→Advancedを選択)には、このような特性データを測定ごと、またはバッチ単位で記録する機能が備わっています。

 

Adhesion Testing Results

ドリーの底面を調べる

a) 凝集破壊:塗料が塗布面で剥離せずに塗料層内でちぎれ、ドリーの底面と試験面の両方に同じ塗料が残っています。

b) 付着破壊:2層の塗膜の間で剥離しています。ドリーの底面に付いている塗膜と、試験面に残っている塗膜が同じではありません。

c) 接着剤層剥離:ドリーの底面に塗膜がまったく付着していません。この場合は、使用した接着剤に問題があることを記録します。接着剤の混合のし方が間違っているか不十分、または接着剤が塗膜に適していません。

 

Cohesive Adhesive Code
凝集破壊が起こった層d

付着破壊が起こった層

コード

説明

コード

説明

A

下地

A/B

下地と第1層

B

第1層

B/C

第1層と第2層

C

第2層

C/D

第2層と第3層

D

第3層

D/E

第3層と第4層

E

第4層

E/F

第4層と第5層

F

第5層

F/Y

第5層と接着剤

Y 接着剤 Y/Z

接着剤とドリー底面

     

 

Adhesion Test Results

特性データはバッチに保存され、いつでも見ることができます。次の形式で表示されます。

##.## MPae N% A M% A/B, where;

##.## MPae = (またはpsi, Newtons or Nmm-2))単位の張力

N% = 凝集破壊の%f
A = 凝集破壊が起こった層
M% = 付着破壊の%f
A/B = 付着破壊が起こった層

     

 

d 塗膜層の数は、Batch→New Batch→Number of Layersを選択すると、バッチごとに指定することができます。この設定で、特性データを記録するときに選択できる層の数が決まります。指定できる最大数は、下地と接着剤層を除き5層です。

e または他の単位での同等値

f 10%刻みの値(国際規格に準拠) 

 

Elcometer 510 モデルT: iPhone 6 Plus、iPhone 6、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5、iPhone 4s、iPhone 4、iPad Air 2、iPad mini 3、iPad Air、iPad mini 2、iPad、第3、4世代)、iPad mini、iPad 2、iPod touch、第4、5世代) に対応。

上記の「Made for」(対応)とは、Elcometerの装置をiPod、iPhone、またはiPadに接続するためのアクセサリーがあり、Appleによる性能基準を満たしていることが開発者によって承認されているという意味です。Appleは、本製品の動作、および本製品が安全基準や 規制に準拠しているかどうかについて一切責任を負いません。iPod、iPhone、またはiPadと上述のアクセサリーの使用によって、無線通信が影響を受けることがあります。

iPad、iPhone、iPod touchは、米国および他の国におけるApple Inc.の登録商標です。App Storeは、米国および他の国におけるApple Inc.の登録商標です。本製品は、バージョン2.1以上のAndroid™搭載モバイルデバイスに適しています。 Android™ と Google Play は、Google Incの商標です。

Elcometer 510 自動プルオフ式付着性試験機
Elcometer 510 自動プルオフ式付着性試験機キットElcometer 510 自動プルオフ式付着性試験機&AVUElcometer 510 Automatic Pull-Off Adhesion Gauge & AVU

仕様

製品の特長
    モデルS モデルT

高い再現性と繰り返し性

使いやすい多言語のメニュー

IP64相当の耐久性、防水性、防塵性

バックライト付き明るいカラーLCD画面

傷が付きにくく耐溶剤性の2.4インチ(6cm)TFTディスプレイ

校正証明書

2年保証

自動回転式ディスプレイ: 0°, 180°

USB接続によるデータ出力(読み取り値とバッチ)

Bluetooth®によるデータ出力

 

PCからの測定開始と停止制御(USB接続のみ)

 

測定単位(MPa、psi、N、Nmm-2)の切り替え

統計データの表示 (η, x, σ, Hi, Lo, CV%, N>hi limitǂ)

圧力値の表示

トレンドグラフの表示

圧力上昇のグラフ(横軸は時間)の表示

 

ドリー(直径10、14.2、20、50mm)の選択

選択できるプルオフ速度(モデルSとモデルTのStandardモード)+

 

 

10mm: 1.00, 2.00, 3.00, 4.00, 5.00 MPa/s

14.2mm: 0.4, 0.7, 1.4, 2.0, 2.5 MPa/s
20mm: 0.2, 0.3, 0.7,1.0, 1.2 MPa/s
50mm: 0.04, 0.08, 0.12, 0.16, 0.20 MPa/s

125, 200, 400, 600, 725psi/s

60, 100, 200, 300, 360psi/s

30, 50, 100, 150, 180psi/s

5, 8, 16, 24, 30psi/s

プルオフ速度の設定(モデルTのAdvancedモード)+

 

 

10mm: 0.4 - 5.60 MPa/s

14.2mm: 0.2 - 2.80 MPa/s

20mm: 0.1 - 1.40 MPa/s
50mm: 0.02 - 0.22 MPa/s

58 - 812psi/s

29 - 403psi/s

15 - 203psi/s

2 - 32psi/s

0.1MPa(1psi)刻み

0.1MPa(1psi)刻み

0.1MPa(1psi)刻み

0.01MPa(0.1psi)刻み

 

プルオフする圧力の制限値と保持時間の設定

 

内蔵メモリ(保存可能な読み取り値)

60

60,000*

保存可能な英数字名付きバッチの数(モデルT)

1

2,500

規格に準拠した特性データの記録

 

表示モード

   

読み取り値、選択した統計値、ランチャート(最後の20個の読み取り値)

圧力上昇のグラフ

 

バッチデータ

 

電源:電池(B)、コンセント(M)

B B, M

USBケーブルとElcoMaster®のCD

電源ケーブルと電源プラグアダプター(英国、欧州、米国、豪州)

 

プラスチックキャリーケース

日付と時刻

 

校正検定機能

 

モデルTのみ

* 圧力上昇のグラフの表示を有効にした場合は、グラフの分解能の設定に応じて、保存できる読み取り値がの数が少なくなります。

+ すべてのユニットの詳細についてはユーザガイドを参照してください

 

 コード番号

 説明

証明書 

F510-20S

Elcometer 510自動付着性試験機モデルSキット、ドリーの直径20mm

F510-20T

Elcometer 510自動付着性試験機モデルTキット、ドリーの直径20mm

F510-50S

Elcometer 510自動付着性試験機モデルSコンクリート用キット、ドリーの直径50mm

F510-50T

Elcometer 510自動付着性試験機モデルTコンクリート用キット、ドリーの直径50mm

 

 

 

 

 

仕様

 

 

 

 

圧力の精度

測定範囲の±1%

 

プルオフ速度の精度

試験所要時間の±(2.5% + 0.3秒)

圧力の分解能

0.01MPa (1 psi)

 

圧力上昇グラフの分解能

0.01MPa (1psi/s)

ドリーの直径

10mm (0.39”)

14.2mm (0.56”)

20mm (0.76”)

50mm (1.96”)

測定範囲

8~100 MPa
(1200~14400 psi)

4~50 MPa
(600~7200 psi)

2~25 MPa
(300~3600 psi)

0.3~4 MPa
(50~580 psi)

プルオフ速度の範囲

0.4 - 5.6MPa/s
(58 - 812psi/s)

0.2 - 2.8MPa/s
(29 - 403psi/s)

0.1 - 1.4MPa/s
(15 - 203psi/s)

0.02 - 0.22MPa/s
(2 - 32psi/s)

本体寸法

260 x 100 x 66mm (6.3 x 3.9 x 2.6インチ)

アクチュエータの高さ

85mm (3.4インチ)

85mm (3.4インチ)

85mm (3.4インチ)

110mm (4.3インチ)

試験機の重量

2.9kg (6.4ポンド)

2.9kg (6.4ポンド)

2.9kg (6.4ポンド)

3.1kg (8.3ポンド)

キットの重量

- -

6.1kg (13.5ポンド)

7.3kg (16.1ポンド)

電源

AAニッケル水素電池またはアルカリ電池8本(充電池16本と充電器が付属)、またはコンセントに接続(モデルTのみ)

電池の寿命

1回の充電で、1MPa/秒(150psi/秒)の速度で25MPa(3600psi)までプルオフ試験を約200回、充電時間5時間

内用品:
直径20mmのドリーを含むキット

Elcometer 510付着性試験機、直径20mmドリー10個、直径20mmドリー用標準取付台、直径20mmドリー用円形カッターとハンドル、アラルライドスタンダード(2液混合タイプのエポキシ接着剤)15ml入りチューブ2本、研磨パッド、肩紐、収納ケース、AAニッケル水素充電池16本と充電器(英国、欧州、米国、豪州仕様のプラグ)、主電源(英国、欧州、米国、豪州仕様のプラグ、モデルTのみ)、ElcoMaster®のCDとUSBケーブル、校正証明書、取扱説明書

内用品:
直径50mmのドリーを含むキット

Elcometer 510付着性試験機、直径50mmドリー6個、直径50mmドリー用標準取付台、直径50mmドリー用円形カッターとドリル軸足、アラルライドスタンダード(2液混合タイプのエポキシ接着剤)15ml入りチューブ2本、研磨パッド、肩紐、収納ケース、AAニッケル水素充電池16本と充電器(英国、欧州、米国、豪州仕様のプラグ)、主電源(英国、欧州、米国、豪州仕様のプラグ、モデルTのみ)、ElcoMaster®のCDとUSBケーブル、校正証明書、取扱説明書

適合規格:

ASTM C1583, ASTM D4541, ASTM D7234-12, AS/NZS 1580.408.5, BS 1881-207, DIN 1048-2, EN 1015-12, EN 12636, EN 13144, EN 1542, EN 24624,
ISO 16276-1, ISO 4624, JIS K 5600-5-7, NF T30-606, NF T30-062

 

 • 校正証明書が標準で付属しています 

アクセサリー

Dollies ドリーの直径

10個入り*

100個入り

510 dollies

10mm (0.39”)

T5100010AL-10

T5100010AL-100

14.2mm (0.56”)

T9990014AL-10

T9990014AL-100

20mm (0.76”)

T9990020AL-10

T9990020AL-100

50mm (1.96”)

T9990050AL-4

-

50mm(1.96インチ)ステンレス製

T9990050SS-4

-

*直径50mm(2インチ)のドリーは4個入り 
       
Dolly Skirts 直径 標準取付台 薄地用取付台
elcometer 506 actuator skirts    10mm (0.39”) T9991420S -
14.2mm (0.56”) T9991420S T9990014T
20mm (0.76”) T9991420S T9990020T
50mm (1.96”) T9990050S -

50mm(1.96インチ)ステンレス製

T9990050S

-

       
付着性試験機検定器(AVU)  説明   コード番号
 Elcometer-AVU  Elcometer付着性試験機検定器(AVU) T99923924
Elcometer付着性試験機検定器(AVU)、校正証明書付き T99923924C
       
円形カッター 説明

円形カッターハンドルまたはドリル軸足

円形カッター

dolly cutters

10mm (0.39”)

-

-

14.2mm (0.56”)

T9991420H

T9990014CT

20mm (0.76”)

T9991420H

T9990020CT

50mm (1.96”)

T9990050H

T9990050CT

50mm(1.96インチ)ステンレス製

T9990050H

T9990050CT

 

 

   
磁石式固定具

説明

  コード番号

510 clamp

磁石式固定具 - 壁面にアクチュエータを固定します。

T99923797

 

 

   
接着剤

説明

 

コード番号

elcometer 506 araldite adhesive

アラルライドスタンダード(2液混合タイプのエポキシ接着剤)、15ml入りチューブ2本

T99912906
 

 

 

 

ドリー洗浄用はさみ型ヒーター コード番号

説明

 

コード番号
 

ドリー洗浄用はさみ型ヒーター - 欧州仕様220V/英国仕様240V

T99923147
 

ドリー洗浄用はさみ型ヒーター - 米国仕様110V

T99923103

ビデオ

1. An Introduction to Pull-Off Adhesion on Coated Surfaces

Adhesion testers are used to test how well a coating has adhered to a surface, as poor adhesion can lead to premature coating failures. The coating inspector has essentially three main methods to choose from - cross hatch, push off, and the most common, the pull-off adhesion test.

 

This video is part of a series on Pull-Off Adhesion Testing, to see the next video please click here.

To download the video script in English click here.

ビデオ

1. An Introduction to Pull-Off Adhesion on Coated Surfaces
1. An Introduction to Pull-Off Adhesion on Coated Surfaces

Adhesion testers are used to test how well a coating has adhered to a surface, as poor adhesion can lead to premature coating failures. The coating inspector has essentially three main methods to choose from - cross hatch, push off, and the most common, the pull-off adhesion test.

 

This video is part of a series on Pull-Off Adhesion Testing, to see the next video please click here.

To download the video script in English click here.

//www.youtube.com/embed/pHvgjZZ3cRg
2. Selecting the Dolly Diameter and Gauge
2. Selecting the Dolly Diameter and Gauge

When it comes to selecting the dolly diameter and adhesion gauge type to use for a pull-off adhesion test; factors such as the substrate material, the substrate shape, and the expected coating strength will affect the dolly or gauge the user chooses.

 

This video is part of a series on Pull-Off Adhesion Testing, to see the next video please click here.

To download the video script in English click here.

//www.youtube.com/embed/NQdcl-EyEJU
3. Selecting the most Appropriate Position for an Adhesion Test
3. Selecting the most Appropriate Position for an Adhesion Test

When preparing a pull-off adhesion test, whilst the actual location and the number of pulls is typically defined by the test method or procedure that’s being followed, the actual positioning of the dolly is vital, as poor positions can result in low pull-off values or invalid tests.


 

This video is part of a series on Pull-Off Adhesion Testing, to see the next video please click here. 

To download the video script in English click here.

 

//www.youtube.com/embed/s30uCK_U44w
4. Preparing the Dolly and the Coating
4. Preparing the Dolly and the Coating

Properly preparing the dolly and the surface before performing a pull-off adhesion test will help achieve higher pull-off values.

 

This video is part of a series on Pull-Off Adhesion Testing, to see the next video please click here.

To download the video script in English click here.

 

//www.youtube.com/embed/UJYYe_NZ9YQ
5. To Cut or Not to Cut?
5. To Cut or Not to Cut?

Should the coating around a dolly be cut, or left uncut prior to a pull-off adhesion test; and whose decision is it to make?

 

This video is part of a series on Pull-Off Adhesion Testing, to see the next video please click here.

To download the video script in English click here.

//www.youtube.com/embed/avSFGkyVAd8
6. The Pull-Off Test
6. The Pull-Off Test

Once the glue between a properly prepared dolly or pull stub and a properly prepared coating has fully cured, the pull-off adhesion test can be undertaken using the adhesion tester of choice.

 

This video is part of a series on Pull-Off Adhesion Testing, to see the next video please click here.

To download the video script in English click here.

 

//www.youtube.com/embed/uJXt0Pbrj0k
7. Assessing the Result; Glue, Adhesive and Cohesive Failures
7. Assessing the Result; Glue, Adhesive and Cohesive Failures

Once the pull-off adhesion test has been completed the tensile pull-off force, whether the coating was coat or not, the dolly size and gauge type, and the failure mode of the coating are all recorded; with the nature of the failure usually recorded as an estimated percentage to the nearest 10%.

 

 

To download the videoThis video is part of a series on Pull-Off Adhension Testing, to view the playlist please click here.

To download the video script in English click here.

//www.youtube.com/embed/2OG23w7Ww9Q
<P> 8. Measuring the Pull-Off Adhesion of Coatings on Concrete</P>

 8. Measuring the Pull-Off Adhesion of Coatings on Concrete

Testing coating adhesion on concrete substrates using a pull-off adhesion gauge is similar to testing coatings on metal substrates. However, there are a number of differences in the test procedures and equipment used.

 

This video is part of a series on Pull-Off Adhension Testing, to view the series playlist please click here.

To download the video in script in English click here.

//www.youtube.com/embed/CoURXuYVnAg