クロスカット法付着性試験

クロスカット法付着性試験

クロスカット(碁盤目)法:ペンキまたは粉体塗装の厚さ250μm(10mil)までの膜の付着性を目視で比較します。短時間で実施でき、コストも低い方法です。塗膜を碁盤目状に切り、横方向の付着力を弱めます。塗膜がどの程度剥がれたかを、ISOやASTM規格、または製品用に定められている基準と比べて、付着性を判定します。

詳細を読む...